塵埃がなくて寂しい年きくらげに絵を描く

PはPとP『p』は瑠璃を手に持って、パーキンの万千

を見て

揽月果てを散らし清光惜しむ人間

Pは、少しもランプが蕊,過去にははでやかが目の前

としてはp>をスケッチし<筆、紙いっぱい荒廃新たなる希望

Pは文民の眉、寂しさは、半生の物寂しいとしては、物寂しいな

い、

二度と

を描き出せない昔の輝かしいルージュ、絵が出ない水のような清顔

Pは執る、

は執るPは、いつもとは書かない思い、道が終わらない優柔

と書くことがあります.Pは、

です.

相思骨髄に徹する、寝食はつけにくいです

桃の枝折れ寸断、花より艷羞人顔

を幻想して最も美しい時あなたと付き合える

pの天地の果てに君はいない、君には何もない

Pは

ですp>,
;は消え<誓いよう

で私を交換半生あなた風年回り

韶已逝,きくらげ、少年少女暗い

半生想いをあなたの顾首若

いたします

何其幸哉?

Pは琉璃琉璃PPとは、相思になっても、誰にも流れては?

p琉璃月

P歌の歌は変転の変転、一曲は仕方ない

浮生年,

Pは、あわただしく、1度のあわただしい、1は

としては

相思相念より

に相忘るPは、愛し合っていると、PとPとP1段の最も美しい相思

を刻んで、

を刻んでPは、愛の恨が付きまとう

を愛しているに書いても、このちくちくを書くことができるのは、Pと書く.p絵は丸くない塵埃年

Pは、

です.Pは、生涯にはどうするのかPとは