スタジオ選挙

私は長い冬休みの後、学校が始まった日、清新な空気の瞬間は戦火の味、もちろん、新学期は新しい気象、本、本、位子……でも、私は今学期一学期一度のスタジオに選挙に立候補しました!

は金曜日の第四節の授業、鍾先生の発給した一枚の紙を根気よく聞く、私がどうしたら、すぐに筆を取って書いた、しかし、私はペンを置いて、口の中でまだ唱える:第一誌望を書くべきですか?読書の,?だめです、4年も仕事です!勉強に利益がない!私が考えているとき、心の中の電球が急に明るくなった!スタジオを朗読する!仕事が、仕事と同時に勉強、自分の読書能力を向上させている!」私は大声で叫んだ.しかし読書ですか?まさか私は本当に読書しましたか?この時、私は人生の最も難しい選択を認めました.そこで、私は朗読を記入して歯を食いしばって、第一誌望は、読書を記入しました第二誌望、することが決まって私を離れさせ読書人……

私はついにお昼に来て、結果の結果の時、豆の大きい汗はひっきりなしに私の上流から降りて、鍾先生は言う:今回は非常に特殊な……私はまだ聞いていないで、鍾先生にどうぞと言って、教室の外に、みんなはすべて争って自分がどうしてすべて自分のどうしてアトリエをすることを言って、みんなは私に言って、時間はゆっくり流れる……

私たちの教室に戻ってくると、聞いて毛君健と今回は挙手や採決を得て、私じゅうはち票が入選した!鍾先生が成績を発表する時、豆の玉の汗は再び流れて、わーい!私は本当に入選しました、私は三尺の高い!

私は離れて読書して、しかし私は私の选択を誇りに思って!私はみんなのためにサービスすることができることを望んで、私の頭から跳び出すことができて、激励して私を激励して前進する!