きくらげ春之韵_いち

暖かい陽光が大地に、遠くの柳は露出微黄の緑の芽、何匹の小さい水鸭水中で止まらないなぶる.風が吹いて、葦の葉が枯れ潸潸の声を出す.澄み切った川は静かに流れる、石板からゆっくり歩いてきた.

岸辺洗濯の女、止まらず川、時にざあざあの水音が流れる.数えきれない魚が、止まらずに水中に回っている.群れの羊の群れ、河原で餌を探して、たまには呢類の叫び声、何も言うように、春は良いこと、えさを探すことができて、またあちこち走って.

遠くの麦畑で筆を運ぶように緑色のカーペット敷き、盛んな活気に満ちている.遠山は続けざま、走る群れ獣、この美しさ,きくらげ、感動の季節.

p空、ちぎれちぎれの白雲は靑空にゆらり,ゆっくり天地の交わりに向かう.鳥が、止まらない婉曲鳴くよう抑えた冬の憂鬱と孤独で寂しくて、風に漂う遠くへ.夜が来ると、カエルは、この万物の回復の季節に、その万物の回復の歌を歌っていたように.

この時、が、明月つりぼっち梢;洒落た星見下ろす静かな大地;遠くたり、伝来ワンワンの犬の鳴き声、蛙の声で、犬の鳴き声,,に飾っていたこの寂しい大地.春はどこか、春は私たちのそばにいます;私たちも生活はすばらしい春に生きています.

思い出のきくらげ感触は

p>は時に、きくらげ、<ひっくり返って以前の日誌は相変わらずの投入は当時の情景が目に浮かぶ過去の喜怒哀楽もすべてのすべてが大事じゃないんだからそれをゆっくりと回り忘れましょう

かもしれない生活はこのように誰もが思い出は思い出の感覚が違う人生はとても長いトンネルの種々の辛酸苦楽時間は食べきれないの人生のこの話題も永遠に永遠にもわからないはそんなにの奥深い以前の理解はそんなにのか弱くて少しの壊れた思い出にできない凝縮割美しい絵の何を忘れるのはそんなにの薄いそんなにのぼやけた……

p>,
;のように見える表面に<冷たい孤高の私の内心世界はそんなにの感傷にそんなに弱い適わないも引き受けないより重い圧力は歯を食いしばって過去になって自分の心だけは知っているどころではない深い内包がいくらかある思わずへ手爾波が合わぬた私で種の憂鬱なまなざしを見てみましょうそして過去は静かな過去……

それぞれの人がそれぞれの過去がそれぞれの痛みと喜びが私たちを静かな隅縫合良い傷の整理をして思いは結合に今日と明日を守るだろう同時に脆弱な心を傷つけないで