心のきくらげ棲む

pは生活、時に人に困惑させる、迷いはどこへ行って、どこへ行くのか彷徨う.

私は生活はこの世界で、この空間は私たちに暖かい、私たちに悲しみを与えた,
.社会の公平さを評価したくありません.

で働いて、懐かしくて子供のころの子供ですから、憧れの大学時代の自由の自由な生活.仕事がいいとか、仕事がいいとか,きくらげ、仕事があったら、独立してもいいという人もいるかもしれない.両親の自由の自由な生活はこの社会には.でも本当の自由はあなたは何を思うの?

仕事と家庭と仕事と家庭の間で、毎日疲れているということです.仕事のストレスは正常に生活できない.いつも感じるのはとても疲れて、心身ともにだ.

的に休みたいと思って、仕事をたくさんしたいと思っている時には,できないことはやりたくないと思います.人はいつも矛盾の集合体だ.

pは,自分の心の中の抑圧と、しようがないことを、どのように記述しているかを知らない.

どうやって仕事を続けばいいのか分からない.

pはわからないことがたくさんあります……たくさん……

は1つの心の生息地の生息が必要です!

しきくらげっかり生活して

Pはしっかり生活して

よく生活<P>を生活しますお母さんは日曜日に家に帰ると約束し、あいにく学校に用事があって、一日遅れてしまいました.母は私によると,一晩中眠れなかった目で私を見て、話をして決めて、来ていないで,きくらげ、たとえ何があって、彼女のお年寄りに隠れて.

帰校途中、久しぶりにお姉ちゃんの家には行かなかった.高校は姉の家で4年生活して、衣食はすべて彼女、そこはとっくに私の第2つの家になった.家に帰ると、お姉ちゃんが向かい風と言って、夜はあなたが来て、今はまだやってきました!としても、

試験に失敗してしまった、一人ひとり壁に向かって泣く.ある人は1枚の紙片の紙片:1、兄弟、私達は泣かないで!としても,

は友達と出会って、話の中、突然1句、あなたは髪が長いのは、あなたの髪の長い,
!としても、

は友達とお別れをして、友達と一言、道を注意する!としても、

はみんなが感動するのはよく人を感動させる.

P生活では、理想は1度だけと転倒、時々諦めの念をしている.生活には、さりげない一言が、一つの動作、一つのこと、いつもひとつの衝動が生まれる.あなたは1人で生活して、たくさんの人はあなたに関心を持って、だからあなたはまだ歩いて、しっかり生きています.あなた自身、いつもあなたのために、あなたの家族を心配するために、よく生活しています!