月経期は何を食べる6食療のきくらげ方は気を補う血加護の女性の健康

p>女性の月経期の総会<体が様々な症状、たとえば血気の不足、生理痛、生理不順、イライラしなどから、月経期の飲食はとても重要で、これらの症状を緩和することができるものなら、月経期は何を食べますか?どんなに血気を食べますか?下小編はみんなにいくつかの月経血の血気不足して食事療法の方を推薦する.

気血加護女性健康

1、コイの補血羹

竜眼1条(約500グラム)、竜眼肉15グラム、山芋15グラム、クコ子15グラム、大きいナツメ4個(核)、黄酒100グラム.鯉を行って鱗、内臓摘出に行って、魚の肝っ玉、側線、きれいに洗った後に三段、置杯内をきれいに洗って、そしての山芋、クコの実、ナツメ、竜眼の肉のスープに入れ、水を入れ、醸造酒各いち杯、蓋をして4時間で蒸し.スープは肉を食べる.

作用:このスープ、滋陰血、益の息、効果がそろっている.ので、風邪発熱、胃が膨れて服は苔飽き.

に、スチルベン参帰生姜湯

羊肉の500グラム、黄耆、党参院各25グラム、当帰、生姜ごじゅうグラム.羊肉、生姜を清める、薬物用布袋,土鍋で同入れ.水適量を加えて、強火煮沸後改とろ火煮に時間に行って、薬をかすは、味付けして.

は、月経量が少なく、色も薄い、月経が身延後者になっても,月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく、月経量が少なく.月経後は毎日1回服を着て
,きくらげ、1回に1回、服は3日までです.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です