プライベートで美がない女神のきくらげ顔も役に立たない

クリスマス、カウントダウンを迎え、多くの女性が期待と別に伴う共に佳節だが、先日、1名のさんじゅう代女性は、自分のプライベートで悩み所が足りない美を考えないと、彼氏が一夜にして、甚だしきに至っては友人に女神されて顔が、プライベートでもあまり美しくないを使って !若い女性は完璧を求め、臉蛋に美しく、体も美しく.開業産婦人科医師潘俊亨、多くのほっぺた精緻な女性に対して、完璧を求めるようにもっと執着して、三ヶ月前、いち55歳の奥さん希望医師が代わりに変身「女神と抽脂を埋める顔の小じわや大陰唇と小陰唇とともに、希望を膣整形手術.これで分かるように、女性にとっては、年齢を問わず、共通の願い.年齢の増加はプライベート部も老化して女性のプライバシー、健康なども女性に悩みを悩みます.潘俊亨医師は、事実上、プライベートで女性との顔のように、年齢とともに成長し、コラーゲンと皮下脂肪が流失して、しかも長座する、生産、自転車などの運動を隠し所の外観と色が変わり、プライベートな場所でのようには反映年齢との人生鏡.プライベートでくすみ等たちが過度に?潘俊亨医師について、女性はいったん年過ぎてよんじゅう歳、体内のコラーゲンだけを殘して消えてまで60%、これはどうして若い女性の隠し場所がふくよかな原因.プライベートなところでくすみ表示女性性生活頻繁になどと、深刻な迷思内緒で、女性が色くすみ、形と平たいは、生産、年齢やホルモンなどの関係.プライベートはふくよかな形で一番健康です!プライベートは豊満、美しく、より健康のために.潘俊亨医師によると、プライベートではふくよかで、美しく以外にも、警戒のように厳しくの扉のように、隔絶外来の汚いもの、細菌、ウイルスなど、プライベートで感染の機会を減らすため,内部やわらか肌(例えば膣、小陰唇など)の摩擦で傷ついて.整形、脂には何が違う?女性は自分のプライベート部が完璧でないと思って,きくらげ、主は2種類の態:内腟はひきしまりと外観の陰唇が足りなくて美しくて美しいです.潘俊亨医師は、さまざまの問題については、別の解決方法は、膣ひきしまり、整形手術を行う膣ように、リフトの概念、余分な皮膚を切除して、最初の状態を回復させて腟;陰唇外観が左右対称、ふくよかで、臨床の上で多くとる自家脂肪(が多い選択、上腿外側、腹部)不足を埋める.注目に値するのは、手術の女性、手術時間提案選択月経終瞭後三日,月経期の潮の一週間前に、湿気を避けて蒸し暑い、月経に傷口の感染、術の後で復元期約二週間、回復期間は避けるべき性生活や激しい運動(例えば騎足踏车)に、三温もり高温環境など、打ち込ま自家脂肪脂肪と早くお互いに融合.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です