冬至を側面から4ろく大伝きくらげ統食补阳防寒

冬は特に冬至後は寒さを主として、故進むことに補う偏る温かい陽に防寒邪で、栄養を補給する.药补よりも食べ、冬至をよく食べていくつかの飲食はとても良い补阳防寒作用.紹介によると、昔ながらの漢方理論、冬至から養生を四側面:気を補う、補血、補充陰、补阳.側面から4を補う食品としては益の息、内臓を強くする効果は、气虚証利点の作用の食品で、たとえば米、もち米、落花生、山芋、ニンジン、豆乳、鶏肉など.補血食品は、貧血症状者が利点の作用の食品、動物肝臓、竜眼の肉、クロキクラゲ、ホウレンソウ、ニンジン、豚肉、ナマコ、魚類などが一定の造血作用.補陰食品としては、栄養陰液、唾液の分泌を促進して潤の乾燥している効果、貧血状態証利点の作用の食品、例えばシロキクラゲ、キクラゲ、梨、牛乳、卵、ブドウ、キャベツなど.补阳食品は、阳虚証利点の作用の食品、例えば犬肉、ヒツジの肉、エビなど、胡桃、ニラ、枸杞子、ウナギなども补阳作用.くるみ、栗などのナッツなど、大量のミネラル・繊維などの栄養も含まれ、冬にも適した上物の上物にも適しています.しかし李主任はみんなに注意して、冬季に進むことに補うは良いが盲目的にできない.市民まず医者に自分に属する類の確認、損虚必要があるかどうか、進むことに補う;また、さらに明らかに進むことに補う時のいくつかのタブーなど.スープのスープは、栄養価は高いが、すべての人に適しない.具体的に紹介冬至ろく大伝統食补阳防寒団子団子を食べ江南が盛んで冬至.常用して団子の材料、例えばもち米、ゴマ、アズキなども温かい性味、良好な内臓を強くする作用.好みと健、飲食の栄養を利用してやっと体に吸収されて,機体の耐寒能力向上を達成、冬で食用に最適.ギョーザの冬至はギョーザを食べて凍耳にします.この言葉に由来して医圣張仲景を見て、彼は寒さに庶民の耳が凍えパンでしたので、漢方薬の材料を作る甘えて耳の湯が治った庶民の耳.今日の冬至はギョーザを食べても凍耳にすることはなく、その麺、料理,きくらげ、肉の合理的な組み合わせでギョーザを栄養と消化吸収に消化吸収の美食になりました.冬至の餃子を食べで羊肉、白菜、ネギ、ニラ、大根などして餡、これらの料理はどうしても温性、人体に対して一定の作用を果たすことができる温阳.冬の食事は冬の食事の温熱に適している.漢方医食粥は健脾臓が暖かい胃、しかも一定の滋陰作用、ちょうど対抗冬乾燥の特性.防寒の作用を発揮するために、私たちはおかゆの食材に偏って温かいしや平和健脾臓が胃の食品、例えばハトムギの実、ナツメ、クルミ、落花生、鶏肉、ヒツジの肉,もち米、リュウガン、山芋、シロキクラゲなど.私たちは創造性を発揮し、これらの食材をおいしいおかゆに組み合わせて、例えば:羊肉粥、鶏肉粥、もち米の赤いナツメのかゆ、アワ山芋粥、キクラゲナツメのナツメの大きい粥など.冬至大根の夏至はジンジャー、時には病苦を食べても、病気には無にします.冬場大根は小さなにんじんには.冬至には大根の最も栄養がある、冬至夜、鍋のほかほかにぴったりの大根のスペアリブに適合します
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です