きくらげ夢を飛ばす

pは夢を飛ばす

は幻想と日月同辉、宇宙と共存して、しようがないあまりにも多くの寂しさと物寂しい.更に自分の心配を想像するのはどんな1種のしようがないことを想像することができなくて、自分の心配はどんな1種のしようがない.そして、なんとなく、真偽のある人生に自分の人生の旅が始まった.

澱ん瞳で見つめて深い靑山、それの奥深さを見つけたいと探索その難し、その桎梏のような心に伴っていないその飛ぶ雁をなでの背中にもできず、小雨の中で少ないとそれ共叙人間の湯にも入り水にも浸さると冷たい世界.

に伴って向かった空想、靑い空と雲と一緒に宇宙探索の秘密、清風明月を伴は、山や川を友、任をやさしい風撫でる顔.靑草紅花、靑空白雲、どれほどの絶妙な絵!詩のように美しく清純,絵筆、絶倫、この絶倫な人間の美しさを描いてみたいと思っている.

から夢の糸巻き、時々憂、夢から出てきて自分の裾が大半.寂しさも孤独だとしても.回収が夢のスプール時、やっと知ってた,すべてはただ靄のようなベール、それは投入に思いをはせる.落ち込んでいる自分を探して!現実には.

すると読ん刘禹锡の『陋屋銘』、崇聞いた諸葛の草庵後、やっとまた自分があることができることを空想し始まりそうの書斎.

p>を求めないで<靑に簾靑の幽僻境界たい、無糸竹の乱耳の環境.ここで十分なように私一人書斎でペガサス行空、上下五年、部屋の壁に貼って文書名画、機の上に置いての宝.ときに座り込み、書画に体得して長い慕情.テーブルに座っていて、ときどき名画の名簿をひっくり返して,きくらげ、いつも筆墨硯をいじっている.

よう友人の相互訪問、彼女に相談陋屋の醜い、草庵のジェーン、談山は高くて、仙人の魂;水がいないのは深く、竜則霊.

こんなにも存在意義を実感しているからな.ざわめくの騒ぎはない、更に煩雑な事の干渉、今やっと世界の独清を感じる;今やっとただ1種の貴重な貴いの清閑が欠けています.

に聞き入っている寂しい夜、こおろぎ低吟か高いか低い、連綿と続く蛙の声に伴って、時にひそひそ話をしたり、大きな声で鳴いて、そして自分のように身を置くように従って畑あぜ道中、その波波の麦の穂、一緒にたどり人間の真理……

p>よう<すべてぼんやりと、ぼんやりしているように、夢の中では、煙、雲.忘れてはいけない、忘れてはいけない、かつて追求したことがあって、静かに立ち去って、ただ1部の孤独とため息をつく.広い下に立って、風雨にさらされて、かつての承諾は今も力がない.黒の七月には、その考えと執着の追求が、風に風に乗って行くのだ.

私は茫然として前に歩いて、家を探して家の帰り道を探して、ただ目の前のほこりがあるから私は未来に歩いて、ただ知恵の紡のあこがれのあこがれと伴う私は私を出て行きます!

>,;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です