涙は紅塵にきくらげ落ちる

桜の三月,きくらげ、霧雨はぼんやりして、1襲のチュール、よろけの歩いて堤江の岸辺に歩いて.広い野原鉄砲玉の帆を掛ける、緑の芽の紛争、絶絢の美しい景色は、かなわない美人の心の中のあの1筋の亡くなった恋しい.

マイクロ申し分柳眉を乗せて、濃厚な憂鬱.詳しくは綿雨、心の想いの炎を消すことができない.雨に濡れを衣の肌寒い、抑えられない魂の深い所の振震え、経年に優しく、記憶の扉にバインド.

1 p>空のあの一抹は藍で,結局やはり汚して、煙で消えて、唯殘の愁いが浸染ます.孤独な影を襲いますないから,幻のような蝶、苦界深い泳ぐ.

歳月の時が流れたが、その向こうの燈はまだ闌珊?それを乗り回した****かどうか、依然として輝いて?一瞬の美しさ、ふ化の執を孵化した.1絃絃のように悲しい曲、過ち阙冷寒の不完全な言葉の解釈に執念の中の孤独.

紅塵が氾濫する、誰がまた素衫浄化の恋しい思いを知っているか?1寸の浄土を守って、3千の髪がヨリて糸を捻て、任意でかつてのストーリは記憶に繰り返していた.

流年似水、世の変転難しくてあせて、一曲唯美、散って天涯.誰が美人に涙を落として、一人で悲しみを承しますか?QQ:2651426116

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です