心のきくらげ棲む

pは生活、時に人に困惑させる、迷いはどこへ行って、どこへ行くのか彷徨う.

私は生活はこの世界で、この空間は私たちに暖かい、私たちに悲しみを与えた,
.社会の公平さを評価したくありません.

で働いて、懐かしくて子供のころの子供ですから、憧れの大学時代の自由の自由な生活.仕事がいいとか、仕事がいいとか,きくらげ、仕事があったら、独立してもいいという人もいるかもしれない.両親の自由の自由な生活はこの社会には.でも本当の自由はあなたは何を思うの?

仕事と家庭と仕事と家庭の間で、毎日疲れているということです.仕事のストレスは正常に生活できない.いつも感じるのはとても疲れて、心身ともにだ.

的に休みたいと思って、仕事をたくさんしたいと思っている時には,できないことはやりたくないと思います.人はいつも矛盾の集合体だ.

pは,自分の心の中の抑圧と、しようがないことを、どのように記述しているかを知らない.

どうやって仕事を続けばいいのか分からない.

pはわからないことがたくさんあります……たくさん……

は1つの心の生息地の生息が必要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です