きくらげ千山暮雪

千山暮雪

それはとても奇怪な夢を夢の中で立って、自分で無人の寒さの氷河の上には大きな流氷のように空を斧のような長いよう、風雪に果てしない一般後ろから襲来、そして滾滾と地平線に向かって巻.大きな大片の風雪が視界を吹き、白い光の光をかき回す.

は天地間の鋭い口笛を吹く音,きくらげ、鼓膜を突き抜け胸腔衝突の鈍痛.

まわりは白茫茫の霧で,濃厚な夜が殘留ないように.

私は私の友達、彼らの顔には楽しそうな笑顔、夜の中にきらきらと輝く光源になりました.

夢の中の私は一歩ずつ彼らに向かって、ゆっくりと詰め寄って……

私知らないこの夢は、していて、しかし私が入れてこの文字の時、内心の悲しい潮に山のようにさかまく.人からはゆっくりと成長して、だんだん懐かしい過去の人、時間の長い消費にになって、薄いため息に当たって地面に、ぎこちなく,.

私たちの幼い時、けちけちな涙があったのです.

私たちはずっと、ずっと文句を言っている.

はよくできない学業、真剣に扱う恋人.

私はすべて私の生命の中で補うことができないのは遺憾ではありません.

彼らは苦い涙化氷河で,それらは思い出になって千山暮雪.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です