生活に生ききくらげる

1杯の白いお湯、色の透明のはそんなに美しくて、味はあっさりしていて人を悲しんで.

一日、あなたは突然王女のような待遇について食事に撃墜てすべて問題になって、その時,あなたは泣くことができますか?多くの人はすべて言って、自分は手があることができて、何を稼いではありません、私は以前もそう感じて,きくらげ、しかし、悪運が来た時、私はやはり我慢して涙を流します.

は1週間の時間、自分で自分を養ってみて、毎日太陽にそむいて努力しているすべての金を儲けることができて、太陽はそんなに美しくて、あなたの目には暗くて、あなたの思って、この世界は見捨てられましたが、実際には、この世界であなたは暇がない!

pって、昔、あなたは自分に聞いて、自分に聞いて、あなたは元気ですか?答えは良いか良くないかわからない.感覚が麻痺するだけの繰り返しで一日一日の生活に慣れました、毎日夜帰って寝て、本は花季の靑春の現実を瀋大波の中で、あなたも大して、もう夢はもう幻想、もう野心的ので、あなたはやっと知っていて、生,やすくて、生きて、容易で、生活は容易ではない.

君は冬来て、春は遠くまで、君はいつもあの美しい春、君の命には違う色が咲いている,
.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です