习きくらげ家池記

初春の午後、日は藍の;草は緑の;花は赤い;水は赤い;水は清の;私達の心は楽しみのです;.

皆さんの歓声に談笑中で過ごして、車を降りました.私たちはすべて水の魚のように走って走って、またひそかに期待しています.

に习家池の扉渓水緩缓流を見て、私が思い出され谢逸の詩影揺れ渓水灣清、汝罢晓臨親鸞の境,.ああ!本当の光景とは本当に似合う!

良い友達の手を引っ張って、チームの前でぺちゃくちゃぺちゃくちゃと話していた.忽然,良い友達が私に触れて、私は頭を上げ、6角亭を見た.

は,きくらげ、湖の上には、シダレヤナギが髪を弄る、草のある靑草がある.これらの景だけを見て、私は想像できる襄陽候習鬱は友達と一緒に亭で夕日を見て、詩を吟じ敵対、杯を聞い靑天に調和したすばらしい画面.

六角亭向こう2井戸のそばに本800樹齢の古槐にもかかわらず、その半分の枝はすでに枯れて,別の半分は緑の枝が眩しくて、そのような人は甲羅を経ただけの将軍を守り、ずっと変わらない习家池文化ですか!

に短い時間が過ぎ、はりきって良い友達の手後髪を引かれるにこれを離れての习家池聞き惚れる……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です