思い出のきくらげ感触は

p>は時に、きくらげ、<ひっくり返って以前の日誌は相変わらずの投入は当時の情景が目に浮かぶ過去の喜怒哀楽もすべてのすべてが大事じゃないんだからそれをゆっくりと回り忘れましょう

かもしれない生活はこのように誰もが思い出は思い出の感覚が違う人生はとても長いトンネルの種々の辛酸苦楽時間は食べきれないの人生のこの話題も永遠に永遠にもわからないはそんなにの奥深い以前の理解はそんなにのか弱くて少しの壊れた思い出にできない凝縮割美しい絵の何を忘れるのはそんなにの薄いそんなにのぼやけた……

p>,
;のように見える表面に<冷たい孤高の私の内心世界はそんなにの感傷にそんなに弱い適わないも引き受けないより重い圧力は歯を食いしばって過去になって自分の心だけは知っているどころではない深い内包がいくらかある思わずへ手爾波が合わぬた私で種の憂鬱なまなざしを見てみましょうそして過去は静かな過去……

それぞれの人がそれぞれの過去がそれぞれの痛みと喜びが私たちを静かな隅縫合良い傷の整理をして思いは結合に今日と明日を守るだろう同時に脆弱な心を傷つけないで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です