楽しい野きくらげ炊

 私の生活の中にたくさんの楽しいことで、最も忘れられないのはその野炊の経験.この日、天気は晴れて、日光は暖かくて、私の心の中でも暖かいです.空に雲の赤ちゃんのやんちゃな隠れた、風もいたずらっ子のように、常に私の髪を吹いて,きくらげ、これは本当に適野炊のいい日なんだよ!朝、私達はテント、間食、水、焼きストーブなどの山のあるものは出発して,,引っ越す普通、道中は私達の歓声が、ついに目的地に着いた浜江公園.浜江公園に来て、私が見た一列の柳が美しく、一つ一つの花は美を競って、一枚淺緑緑の芝生は一叢一叢の竹、傲然とまっすぐに立って.ここの景色は本当に忘れることだ!
  私たちを选びましたブロックに野炊地方、されたテント、位置づけられるオーブン、野炊始め、母と叔母担当焼き、私と子供たちが他のものを担当する.食べたおいしい焼きとお菓子の後、私たちが遊び始めて、しばらく私たちは芝生の上でかくれんぼをしたり、また遊びに行ってフィットネス機器を持って,しばらく決着竹はシューティングゲーム、後でまた水遊びに風船…..公園の中の空気はすべて私達の笑いの音にこだまして、夕方の時まで、私達はやっと惜しい浜江公園を離れました.
  今回の野炊は終わったが、素敵な思い出を殘っていた私の脳裏の中で、楽しい時間はいつも短いけど、友情は永遠に不変の.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です