と思うきくらげと

私は

と思っていました私の世界、<P>に満ちている白黒モノクロのラインで

はPはPとは思いませんでした君は、私の生活圏にいるのは、私の生活圏では、Pに出てくるのです私はもともと

と思っていましたこれもまた、乱雑な線の中のではPは最後にPとなってこれは唯一の

になりました私は

と思っていましたあなたは、私の世界の唯一のペンの中

です私は

発見していました私は私だけに,

にはあるのですがちらつく、ちらつく,きくらげ、あいまいな

この世界は誰が<,
;なくて>誰が

がありません偶然の出現,あるいは

偶然の消え

わたしは<わたし/ p>と思っていました

この世界は<P>ですあなたは誰がそんなに不可欠なことを感じる時

になりますPは急に安閑の

ではぴいぴい

ぴいぴい

ぴいぴいこれはただの冗談です.これから

はこれから<P>ですPは唯一のライン再構築再構築

君が変わる

を変えたいのですがPはますますはっきりとなって

発見しましたPはあなたが思うのは難しいと思っているからPが消えたとき

Pは紙も消えてなくなったという.Pは、愛情時間が混じえている

は誰が次のようにあなたを待っています

は誰が待っていますあなたはあなたの下にはあなたの下一枚の消しゴム

です私は

と思っていました私は一人で行くことができます君はゆっくりとゆっくりと来て来たのですがPは

と言っている人がいる君がおなら城になりたいならば

と思うならPは彼女が歩いて来ないのではないですPはあなたが過去に行く

です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です