北戴河へ行く

  ;北戴河へ行きました、僕はこのようなは旅行中の観光.私は北京と旅行団のため、北京は少し遠く、私たちは列車に乗る.

私たち天下第一関――山海関、閉めて1基の櫓みんな必ず入って見で、中には靑竜偃月刀を.これは関羽の靑竜偃月刀、それは古代の試験用具、ガイドとして、皇帝の試験武官の時、誰が持ち上がるこの刀、誰が受験資格がある.このナイフは真っ黒に見える、非常に重い、非常に重い.

でも、本当に龍頭、でも、海辺の一段に建てられている万里の長城にしかないんだけど.

それから私たちは海へ遊びに行って、海は一万年もない.海水について教えて、あなたは気をつけて、海水を飲みないで、それはとても塩辛いがとてもしょっぱいですから.海で泳いだ時私は気をつけて飲み飲み、塩辛い東南西北も知らない.そして浪が大きくて、あなたはこれれやすい.あなたは海で遊んでい沙雕ないほうがいいので、浪で、あなたの建物が倒れやすい.

私は海辺にはたくさんクラゲ、小さいのは私の親指サイズ、大きいのは茶碗の大きさ、色は透明な、まるで傘は果物で凍、本当に食べたいです!私は砂浜に穴を掘って、海水を放して、更に私の抓のクラゲを放して、しかし救命士は歩いて歩いて、クラゲの触角は毒、遊んではいけないで.驚いて私はすぐにクラゲを海に捨てて.私は水泳の時、クラゲが翻って来て、びっくりして大声で踊った.クラゲはかわいいし、恐ろしい.

Pは、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です